2010年08月23日

瀬戸内国際芸術祭2010-3


photo:島の猫

ひきつづき、瀬戸内国際芸術祭2010のこと書きます。
今回は、そこでみた作品をあげます。
この目で見るまではみたくない!
というかたはお気をつけ下さい。

自分は、まだ見てない映画でも
あらすじ聞かせてとか
オチ教えてとか平気で聞いてしまいますが、
そういうことを大事にしている人もいると思いますので
追記に写真のせます。

みてやってもいいよ!というかたは
「続きを読む」をクリックして
みてやってくださいしあわせ




2日目まとめ ー後半ー

撮影は、外観はOKでも
中に入ったらNGなところが多いです。
ちぇーって思ったりもしましたが
その分、目で見られるじゃないか!

首からさげたカメラを
くるっと後ろにまわして見ました。

あと、写真は見に行った順番で並んでたりしてません笑顔汗
島を移動しないと見れないものが混ざってたりします。




直島:杉本博司『護王神社/アプロプリエイト プロポーション』
家プロジェクトの1つ。
氷かとおもったけど、それじゃとけちゃいますものね。
ガラスの階段です。
このあと、せまーい洞窟みたいなところを
懐中電灯をもって歩きます。


直島:大竹信朗『はいしゃ/舌上夢/ボッコン覗』
こちらも家プロジェクト。
ここ大人気。
古い家をまるまる一軒利用しての作品
けっこうあります。


直島:草間彌生『赤かぼちゃ』
中に入って撮影してる人
いっぱいいました。


直島:大竹信朗『直島銭湯「I♥湯」』
ここはすっごく見たかったんですが
すっごく並んでいたのであきらめましたがーん
午後2時オープンで、
わたしたちは3時のふねにのりたかったら
あきらめるしかないよね…
むかいのいえのおばあちゃんがラフなかっこうで出てきて
この展示のチラシ配ってる姿がみょうにおもしろかったにっこり
島のみんながこのプロジェクトに参加してるんです。

側面はこんな感じ。
銭湯なんです。


男木島:ジャウメ・プレンサ『男木島の魂』


男木島:眞壁陸二『男木島 路地壁画プロジェクト wallalley』


男木島:谷山恭子『雨の路地』
ときどき雨がふるって紹介されてた。
もしかして、
あの2階の窓から、遊んでいるあのこどもたちがジョーロで…?
ってへんな想像した。
このときは降ってこなかったので、真実は不明のまま…


男木島:不明『不明』思い出玉が集まる家の直前に飾ってあります。
何メートルだったかな…?


男木島:川島猛とドリームフレンズ『思い出玉が集まる家』
たしかに甘い匂いがしたけど
つくってる人は、そう?って感じ。


男木島:中西中井『海と空と石垣の街』


男木島:谷口智子『オルガン』



男木島:松本秋則『音の風景』
こんなかんじのからくりが天井いっぱいぶら下がってて
どこからともなく、くるくるとうごきだす。
ここちよい木の音で演奏がはじまります。



男木島:井村隆『カラクリン』
これはもっとでかいものを想像してたなぁ笑顔汗
あの写真はどうやって撮ったんだろ???


男木島:西堀隆史『うちわの骨の家』
たいがいの展示が日が暮れないうちにおわってしまうという現実。
たとえ最終のふねが夜8時くらいまであったとしても
それはなかなかきびしい現実だ…


2日目終了。

感想は、
作品をみただけで気付けることと
気付けないことがあります。
「?」って思ったら、
近くにいる人に話しかけるがよし!です。

実際、よくわかんないもの、多いです笑顔汗
みんなはわかるのかな?



瀬戸内国際芸術祭2010の記事はこちらからどーぞーしあわせ
→瀬戸内国際芸術祭2010-1
→瀬戸内国際芸術祭2010-2
→瀬戸内国際芸術祭2010-4


瀬戸内国際芸術祭2010公式ホームページ



同じカテゴリー(香川県)の記事画像
瀬戸内国際芸術祭2010-4
瀬戸内国際芸術祭2010-2
瀬戸内国際芸術祭2010-1
同じカテゴリー(香川県)の記事
 瀬戸内国際芸術祭2010-4 (2010-09-04 23:10)
 瀬戸内国際芸術祭2010-2 (2010-08-22 23:31)
 瀬戸内国際芸術祭2010-1 (2010-08-14 23:41)

Posted by masako  at 23:04 │Comments(0)香川県

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。